日勤教育が不当労働行為意思に基づくと認定された例

Kazuhiro Tounai

研究成果

本文言語Japanese
ページ(範囲)354-364
ページ数11
ジャーナル民商法雑誌137巻3号354-364頁
137
3
出版ステータスPublished - 2007

引用スタイル