Marginal Gap of Glass-Ionomer Materials : Effect of Delayed Polishing Method. (第75回国際歯科研究学会総会於 : オーランド(米国)で上記の演題で発表

Masao Irie

研究成果

本文言語Japanese
ページ(範囲)317-317
ページ数1
ジャーナルJournal of Dental Research
76
SpecialIssue
出版ステータスPublished - 1997

引用スタイル