Salivary-type hyperamylasemia in theophylline poisoning

Koji Suzuki, Yusei Ohshima, Ikue Hata, Hirokazu Tsukahara, Nemuko Omata, Motoko Yasutomi, Akiko Yamada, Mitsufumi Mayumi

研究成果査読

1 被引用数 (Scopus)
本文言語English
ページ(範囲)209-210
ページ数2
ジャーナルPediatrics International
47
2
DOI
出版ステータスPublished - 4月 2005
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 小児科学、周産期医学および子どもの健康

引用スタイル