Synthesis of acinetobactin

Yasuo Takeuchi, Satoru Ozaki, Masahiro Satoh, Ken Ichiro Mimura, Sei Ichi Hara, Hitoshi Abe, Hiromi Nishioka, Takashi Harayama

研究成果査読

26 被引用数 (Scopus)

抄録

A structure involving the absolute configuration of acinetobactin (1b) was clarified. It was reconfirmed that preacinetobactin (1a) produced 1b by a rearrangement reaction.

本文言語English
ページ(範囲)1552-1553
ページ数2
ジャーナルChemical and Pharmaceutical Bulletin
58
11
DOI
出版ステータスPublished - 11月 2010
外部発表はい

ASJC Scopus subject areas

  • 化学一般
  • 創薬

フィンガープリント

「Synthesis of acinetobactin」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル