食道色素内視鏡に使用するヨード濃度の忍容性及び効果:二重盲検ランダム化比較試験

T. Gotoda, H. Kanzaki, Y. Okamoto, Y. Obayashi, Y. Baba, K. Hamada, Hiroyuki Sakae, Makoto Abe, M. Iwamuro, S. Kawano, Y. Kawahara, Hiroyuki Okada

研究成果査読

寄稿の翻訳タイトルTolerability and efficacy of the concentration of iodine solution during esophageal chromoendoscopy: a double-blind randomized controlled trial1)
本文言語Japanese
ページ(範囲)741
ページ数1
ジャーナルGASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY
62
6
DOI
出版ステータスPublished - 6月 2020

ASJC Scopus subject areas

  • 放射線学、核医学およびイメージング
  • 消化器病学

引用スタイル